FC2ブログ
会社の形!
こんばんわ!やまもと住研にいにいです!


朝晩が涼しくなり、過ごしやすい季節になってきましたが、
みなさんはいかがお過ごしですか?

予想以上に台風の発生と影響が少なく、
少し安心しているにいにいです。

しかし、本日も雨が結構降っていて、
土砂崩れしている隣を通る時には今でも心配になります。


また、一昨日、昨日と、
天皇陛下が呉にお越しになる予定でしたが、
天候不良のため延期になりました。

2日間、呉市内にはパトカーの数が増えて、
一種の緊張感がありましたが、それも治まりました。

少し残念でしたが、それも何かの縁。
ご縁がある限り、次回があることを祈っております。



さて、本日のテーマは『 会社の形 』です。


世の中にはたくさんの会社が存在しております。
大企業、中小零細企業、個人事業主、NPOなど様々で、
業種も数えきれないぐらい存在しております。

そのほとんどが中小零細企業で、その割合は99.7%。

さらに、小規模事業者の割合は86.5%。

多くの方が小規模事業者で働かれています。


採用活動を通して感じる事は、
学生さん達の志向が大企業さんへ向いている、
知名度先行型に傾いているトレンドを感じます。

安定が一番

かもしれません。


それでは、86.5%の小規模事業者は魅力がないのかと言えば、
そうではないような気がします。

小規模は小規模なりに柔軟性があり、
トップの考え方次第で、会社の器と形は
色々は形を形成することができるのです。

それを感じたのが、本日ご紹介する本です。


s-IMG_7026.jpg


島根電工㈱ 代表取締役社長 荒木恭司さんが書かれた
『 不思議な会社に不思議なんてない 』です。

少し、本の紹介を。


●社員が辞めない。出産育児後100%復帰。
●ほぼ全員参加の社員旅行、本気の大運動会。
●水・金曜日、そして月曜日もノー残業デー……。

不況業種のローカル企業が、建設業をサービス業に変えて急成長!

「所得、人口ともに島根県、鳥取県は全国最下位エリアです。
島根電工グループはこの二県を主に営業エリアにしています。
しかも島根電工の業種は建設業という不況業種です。
公共事業はどんどん減り、とてもではありませんが、元気になりようがない会社といってもいいでしょう。
そんな会社が、毎年のように業績を伸ばしているとしたら、はたして信じていただけるでしょうか。

よく周りから言われます。
「不思議な会社ですね」と。
(はじめに より)」

■目次

● 県民所得ブービー県で営業する会社が、こんなに元気なのはなぜか。
 ~できっこないことが現実になる~
●第1章 期待を超える感動を
●第2章 「お客さまが感動させる」社員を育てる
●第3章 変化に即応した会社だけが生き残る
●第4章 やはり一番大切なのは「社員」
●第5章 島根から全国に元気を!
●会社の未来は、これからの人たちに託したい。


以上が、本のご紹介&目次です。


やまもと住研と同じ建設業。どちらかと言えば衰退産業。
しかも、営業エリアは人口減が著しいご近所の県。

ほんとにそんなことが可能なのか? 
という疑問と、

建設業をサービス業へ 
という、やまもと住研のポリシーがリンクしたことが、
この本を手にとった理由です。


目次にもあるように、キーワードは
『 やはり一番大切なのは「社員」 』でした。

小さい企業を支えているのは、社員1人1人です。
その1人1人の力の集合体が、会社の力です。

その1人1人がいかにお客様のためにという考えを持ち、
自発的な行動をお越し、お客様のご要望を叶えて
感動まで引き上げるための力が発揮できるような環境や商品、
教育システム、戦略を考え実践していくことが、
本当に大切だと感じました。


社員旅行や運動会など、
現代では無くなっていく傾向にあるイベント事も大切にして、
本当に一種の家族として会社が存在しています。

大企業では絶対にありえない感覚です。


人は自分が所属しているコミュニティーの中で生き、
その中で必要とされることに、喜びや生きがいを見出すと言います。


改めて、そんな『 会社の形 』を考えさせられた本でした。



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/
【2018/09/15 16:04】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自然災害対策のために増税(目的税)を!
こんばんわ。やまもと住研のにいにいです。


ご当地呉では、
朝から大雨警報による避難指示(緊急)が発令されており、
携帯のアラームが2回ほど鳴り、急いでその内容を確認したにいにいですが、
みなさんはいかがお過ごしですか?

昔は携帯のアラームが鳴ってもゆっくりしていましたが、
最近はダッシュして携帯のアラーム内容を確認するようになりました。

携帯のアラーム = 非常事態

のような感覚がしみついてしまいました。

予想以上にたくさんの雨が降っていますので、
避難指示が出ている地域の方は、十分に気を付け
避難をお願いします。


また、西日本豪雨災害のちょうど2カ月後の9月6日3:08分頃、
M6.7 最大震度7を記録した 北海道胆振東部地震。

朝一、テレビを付けて山が崩れている映像が映っていましたが、
信じられませんでした。

震度7以上を計測したのは、
2016年4月14日21:26分熊本地震以降
6度目だとか。

つい最近では、4月9日 午前1時32分
島根県で発生したマグニチュード6.1の大地震。


さらに、先週の台風21号。
関西国際空港の映像や、車がひっくり返る映像などが流れ、
本当に2018年は自然災害との闘いです。


ある程の準備はしていたのでしょうが、
どれも想定外の力がはたらいたものに対しては、
どうしてもかなわないことを、気付かされます。


続けて起こる自然災害。

ご当地呉市・江田島市では、
ボランティアの方々、県や国から色々な支援受けて、本当に助かっており、
その迅速性と重要性を身にもって感じます。

だから、思うことがあります。

自然災害を受けた被災者・被災地のための復旧・復興のためだけに使用する目的税、
自然災害復旧・復興特別税の設立と、そのための増額が必要なのではないか! と。
(各省庁が設けている予防のための予算とは別で)


台風は地球温暖化が影響しているかもしれませんが、
地震は防ぎようがない。

どうしても起こる自然災害には、
起こる前の事前対策・準備と
起こった後の復旧・復興支援しかない。



いつ、どこで起こるか、わかりません。

日本国民全員にとって、他人ごとではありません。

だから、全員で助け合いましょう(共助)!


そのためであれば、

消費税2を%上げて10%になっても良い、
という人は多いのではないでしょうか。
(2%UPで3~4兆円が捻出できるそうです)

一般家庭も色々な家族の構成・消費があるので
正確な増額金額は出せないらしいのですが、
目安として年間7~10万円(1世帯)の増税になるという試算があります。

無意味な増税は反対です。

しかし、人の命や生活を守るための増税は
必要なのではないでしょうか?


そんな声が日本中で巻き起これば、何かが変わるかもしれません。



西日本豪雨大震災、北海道大地震、台風被害に被災された方々の
一日でも早い復興と被災された方々の平穏な日常を祈り、
自分のできる支援を実行していくのみです。


亡くなられて方のご冥福と、
被災された方のお見舞いを申し上げます。
一日でも早い復旧をお祈りしています。



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 』
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/
【2018/09/09 14:59】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
実家の10大問題!
こんばんわ!やまもと住研にいにいです!


久しぶりのまとまった雨に不安を感じながら、
雨によって猛暑から解放された不思議な気持ちでしたが、
みなさんはいかがお過ごしですか?


今日は9月1日 防災の日。

9月1日の日付は、1923年(大正12年)9月1日に発生した
関東大震災にちなんだものであるそうです。
また、台風の多い時期に備えて下さいよ!
という意味もあるそうです。

耳にタコができるぐらい防災という言葉を聞かれると思いますが、
本当に備えは大切です。
備蓄物、避難場所&避難経路、緊急時の安否確認、非常時集合場所など、
自分の大切な人とお話をしておきましょう。



さて、本日のテーマは『 実家の10大問題! 』です。

s-IMG_1829.jpg


毎年、お盆周辺の時期から年末にむけて、
必ずと言っていいほど『 実家 』をテーマにした雑誌が
売り上げを伸ばすそうです。

にいにいは仕事柄、不動産を取り扱っており、
実家や相続などという事柄と常に向き合っているので、
職業病でついつい書店で見かけると購入し、休みの日に読んでいます。


親の介護、認知症、相続、実家(不動産)などについて、
内容はてんこ盛りでした。

特に、雑誌では40年ぶりの民法大改正(特に相続に関する事)の事について
よく書かれており、今まででよく起こっていたトラブルを少なくするための
法律改正について詳しく書かれていました。
しかし、何かを優先すると、何かが問題になる気配もあり、
万能薬がないことを改めて感じます。

居住権、介護寄与分、遺言書の書き方・保管の仕方の改正など、
大切な内容となっています。

その中でも、
自筆遺言を法務局で保管できる制度は画期的です。
法務省のHPを引用しますね。

法務省のHPから抜粋

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 平成30年7月6日,
法務局における遺言書の保管等に関する法律(平成30年法律第73号)
が成立しました(同年7月13日公布)。

 法務局における遺言書の保管等に関する法律(以下「遺言書保管法」といいます。)は,
高齢化の進展等の社会経済情勢の変化に鑑み,相続をめぐる紛争を防止するという観点から,
法務局において自筆証書遺言に係る遺言書を保管する制度を新たに設けるものです。

 遺言書保管法の施行期日は,今後政令で定められることになりますが,
公布の日から2年以内に施行されることとされており,施行前には,
法務局に対して遺言書の保管を申請することはできませんので,ご注意ください。


以上が法務省のHPの内容です。



財産がある、ない、に関わらず、
自分の資産をどう配分するか?
という意思や想いは強くなる傾向にあります。

それをきちんと担保してくれる制度が増える事は、
トラブルを少なくするためにとても必要なことではないかと思います。
(ちなみに、一番トラブルが多いのは、遺産分割についてです)



また、ご当地、呉・江田島でも、
仕事をしていて相談件数が増えたのが『 実家問題 』。

ある試算では、2033年には、3軒に1軒が空き家になる……とのこと。


真剣に相談される方の年齢は、70才代が多くを占めています。
60代はご自身の体も心も元気で、何とかなると考えられているのか、
意外と少ないのです。


多くの方に共通していることが、

どうしたらいいか、わからない……。
土地・家の価値をしりたい……。
相続が発生しそうだけど、何を準備したらいいの?

などが、多くの意見を占めています。


つまり、何をどうするか? がわからない、 ということです。


特に、不動産という資産は、現金や動産のように分かりやすくないので、
きちんを把握することが、非常に困難です。

それで、みなさんがご相談に来られているという現状です。

しかも、不動産は活用しなければ、お金がかかります。
固定資産税や草刈・メンテナンスなど。



にいにいに見えている現実…… それは、

『 空き家が多いのに、売出している家は少ない 』

といいう実情です。


そこで、ひとつの確実に起きるであろう未来が予想できます。

それは、数年後、

土地・空き家が爆発的に増えて、
土地や家の市場価格が大幅に下落する。


立地の良い不動産だけが価格が上がり、
郊外にある中古や土地がおおくあまり、
車が入らない土地・建物は一生売れない。


そんな時代が、本当にやってくるのではないか?

と正直、恐ろしく思うことがあります。


しかし、多くの方が、
どうするか腹を決めていない、準備をしていない、
ような気がします。


事前の準備が、とっても大切です。


やまもと住研は、土地・家・実家についての専門集団です。
また、お客様の問題を真剣に解決するサポート集団です。

将来が気になる方、
不動産について知りたい方、
相続が心配な方、

お気軽にやまもと住研にご相談下さい。

きっと、1歩前進すると思いますよ!



追伸

にいにいもそう言ったご相談にきちんとサポートできるように、
FP(ファイナンシャル・プランナー)・宅地建物取引士の資格を持っていますよ!
ご安心ください!!!



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/
【2018/09/01 21:59】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
星空映画会2018 in 江田島!
こんばんわ!やまもと住研にいにいです!


台風19号、20号と、
同時に台風が2つ並んでいる光景を初めて見たにいにいですが、
みなさんはいかがお過ごしですか?


幸いなことに、
ご当地呉・江田島では強い風は吹いたものの、
大きな影響を受けずに済んで一安心しております。

全国ニュースを見ても、
そこまで大きな影響が出てい無さそうなので良かったです。

準備はしていたのですが、
いざ本当にすごい台風がきたら……と思って心配をしておりました。

にいにいが中学生だった頃、
台風19号が広島県を直撃し、実家が床下浸水になった記憶が
今でも明確に覚えていたので、本当に心配でした。

しかし、台風の全盛期はこれから1ヶ月続きます。

みなさん、用心してくださいね。



さて、本日のテーマは『 星空映画会2018 in 江田島! 』です。


s-IMG_1786.jpg


この度の災害で、色々なイベントが中止になっています。

呉の花火大会も中止になりました。


しかし、江田島はそんな状況だからこそ、
星空映画会を『 やる! 』を選んだそうです!


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 

 HPより抜粋

今年は無料で星空映画会を開催します!!

西日本豪雨災害によって各地に甚大な被害がもたらされ、
江田島市内でも断水や土砂崩れをはじめとして、様々な被害が発生しました。

星空映画会を主催する「呉こどもNPOセンターYYY」から、
「子どもたちに笑顔でいて欲しい!地域の皆さんに元気を出して欲しい!!」
ということで、今年は無料で上映会をしよう!と連絡を頂きました。

私たちにできることを、精一杯頑張ってみようと思っています。


☆ 開催場所・日時 ☆

2018年8月26日(日曜日)

開場:17時~

上映開始:日没後(19時ごろ)

上映作品 ⇒ 『 実写版 忍たま乱太郎 』


江田島市立江田島小学校グランド

737-2122
広島県江田島市江田島町中央4丁目18-1
駐車場:あり


※イスや敷物、飲食物の持ち込みは自由です。
※雨天の場合は体育館での上映となります。

☆子どもも大人も楽しめるいろんなワークショップや、お店が登場!
夕暮れ時のお楽しみ、ミニ夏祭り!


詳細は、こちらをクリックしてください(HPへジャンプします)

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

星空映画会2018in江田島の詳細



【主催】
(特)呉こどもNPOセンターYYY

【共催】
江田島市子ども会連合会

【後援】
江田島市教育委員会

【協賛】
※江田島市内のみ抜粋・敬称略・順不同

(株)一光/(株)江田島自動車学校/沖山工房/上村汽船/(有)桑田モータース/
芸州海運(株)/紅来軒/(株)はまい/(有)濱口醤油/澤医院/(有)成和海運/
セブンイレブン江田島中央店/(株)太陽/丸地庵産業/(有)三浦海産/峰商事/
もみの木/office 45km/(株)凛/喫茶ルナ


【協力】

江田島へ行こう(GO江田島委員会)/タウン情報 こみみ江田島/
SANZOU PLANNING/YOCCHI CAMERA/(有)しもかわ/
江田島市応援プロジェクトyell/温活サロン・メディカルアロマ美庵果/
えたじま手づくり市/GOALS(株)/切串おかげんさんまつり



こんな時に、江田島はやるな~!

と、ちょっと感心しました。


色々な価値観の人がいます。

非難する人、応援する人、傍観する人……様々です。


しっかりした目的、理念があるから、
周囲からの声に惑わされず、本質を見極め決断をする。


実行委員会の人達は、本当にすばらしい。
頭が下がります。


江田島にお住いの方は、是非、出かけて行ってみて下さいね!


がんばろう江田島!

ありがとう江田島!




呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/

【2018/08/24 21:46】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ふたたび、アラームが…。
こんばんわ!やまもと住研にいにいです!


台風の影響か?立秋なのか?2日前から朝晩が涼しくなり、
昨日は帰宅してもエアコンが必要なかったにいにいですが、
みなさんはいかがお過ごしですか?


そうは言っても、今年は例外だらけ…。

猛暑、200年に一度の雨量、逆走台風……、
さらに、異常に発生する台風。

今度、日本列島に向ってくる台風は19号!
島国で育ったにいにいは、台風の号数を聞いて耳を疑いました。

えっ、もう19号?

例年であれば、19号ともなれば、
9月中旬頃に発生する台風の号数。

今日はまだ、8月18日ですけど‥‥、

と、突っ込みたくなるぐらい、早いペースで台風が発生しています。

直接の原因は、海水の温度上昇によるものらしいですが、
その影響は漁業や農業にも影響を直撃する深刻な問題。

今のところ、被災地(西日本)に大きなダメージがありませんが、
この異常気象ですので、9月中旬までは安心できません。
みなさん、十分に注意していきましょう!


さて、本日のテーマは『 ふたたび、アラームが… 』です。


終戦の日でもある8/15の夕方、呉市に大雨注意報が発令されたため、
『 避難準備・高齢者等避難開始 』が発令されました。

呉市の防災情報メールに登録されている人にだと思うのですが、
いっせいに個人の携帯電話のアラームが鳴りだし、またもや異様な雰囲気に。

たまたま、お盆真っ只中のショッピングセンターに居たので、
何十人単位の携帯電話がいっせいに鳴りだし、本当に驚きました。

冷静に内容を確認し、外に出て状況を把握しました。
緊急性が無いことを確認し、無駄なことはせず、帰宅しました。


意外だったことが、みんなが思ったより落ち着いていた事です。
久しぶりのアラームだったので、すこしはザワザワするかと思いきや、
冷静でした。

良い意味の冷静さか、悪い意味の冷静さか分かりませんが、
自分の置かれている状態を判断するための情報を、
今一度、おさらいしておきます(呉市政だより9月号より)。


雨量について

s-IMG_1719.jpg




気象庁などによる気象情報について(警戒レベルの判断)

s-IMG_1717.jpg




避難情報について

s-IMG_1720_20180818134915698.jpg




台風への備えと注意について

s-IMG_1722_20180818134916b4c.jpg


人は自分の身に降りかからないと、
その重要性を理解することができませんが、
できれば身に降りかかる前に何度も目にして、
理解しておきたいものです。


まだまだ台風が発生する時期が続きます。
みなさん、くれぐれもお気をつけて!



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/
【2018/08/18 20:15】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ