花燃ゆ!
こんばんわ!!やまもと住研にいにいです!


これから本格的に寒くなるのに、にいにいのマンションでは
気密性が高いのか、暖房器を付けなくても過ごせる日がありますが、
みなさんはいかがお過ごしですか?


さて、先週の新春イベントには
たくさんのお客様・OB様にお越しいただき、有難うございました。

呉市内で、色々なイベントが行なわれている中、
わざわざ弊社に来て頂いたことに、すごく感謝しております。
本当に有難うございました!!!

そのかわり、水回りのリフォームをお考えの方には、
目玉商品をご用意させていただきましたので、
存分にご活用いただければ幸いです!

にいにいも何件か、お客様から見積りのご依頼をいただきましたので、
何とかお役に立てるよう、頑張ります!!!


さて、本題に入りまして、本日のテーマは『 花燃ゆ! 』です。

s-IMG_3282.jpg
s-キャプチャ


2年程前から、N○Kさんの大河ドラマを見るようになりまして、

2013年『 八重の桜 』  →  2014年『 軍師 官兵衛 』  → 2015年『 花燃ゆ 』

と、にいにいにとっては、3シリーズ目です。

この度は、幕末の時代、明治維新の精神的な指導者
吉田松陰の妹『 文(ふみ) 』を主人公としたドラマになっております。
明治維新の立役者達を陰で支えたすばらしい人物ですが、
歴史ではほとんど語られていません。

でも、今の時代にとても必要な『 何か 』を伝えたくて、
N○Kさんは文にスポットライトを当てたのではないでしょうか?
(あくまで、にいにいの憶測です)


しかし、このように並べてみると、この度は主人公の名前が
タイトルになっていません。

おととしは『 八重 』であったり、昨年は『 官兵衛 』であったり、
その流れであれば、今年は『 文(ふみ) 』がどこかに
入っていても、おかしくないのですが‥‥。

何か、意図があるのでしょうか?


もしかしたら、ドラマの第一話で文のことを
『 人むすぶ妹 』 
と表現されていたので、『 文 』自身より、その周りの人々との関係性を
より表現したいのでしょうか?‥‥。楽しみですね。
こらから気を付けて見ていくことにします!


さて、『 花燃ゆ 』の初期の段階では吉田松陰がよく登場し、
色々な名言を残していきます。
そんな中に、このような言葉がありました。



本は文字じゃない。本は人じゃ!
開けば、触れることができる。ほかの人の考えに。
(中略)
その人の目で見た、世の中の、
人生のあらゆることを教えてくれる。

生きるに迷うとるんは、自分一人じゃないことを。

【 第一回「人むずぶ妹」より】

s-IMG_3283.jpg


本は文字じゃない、
本は人じゃ!

にいにいの中では、新しい視点でした。

たくさんの本を買って読みます。
今まで、本を読んでいるという意識はあっても、
人に出会っている、という感覚はありませんでした。

命がけで本を読み、命がけで人と出会う。

今年も、『 花燃ゆ 』から、
色々な気付き、学び、勇気をもらえそうです!



追伸
N○Kさんのホームページ、内容が濃いですね。
時代背景や言葉の定義、その時代と現在の相互性など、
より深くそのことについて知る事ができます。

毎年、バリエーションが増えているような気がして、
企業努力がうかがえます。

視聴者さんの『 知りたい、学びたい、という知識欲 』を満たし、
納得度・充実度・満足度をドラマだけでなく、色々な角度で情報を発信していく。

これも顧客満足のひとつですね!



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/

【2015/01/23 17:24】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1月も終わりますね・・・^0^ | ホーム | ご冥福をお祈りいたします。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/1055-257e9068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |