まだ5年。 今できることを!
こんばんわ!!やまもと住研のにいにいです!


この時期ならではかもしれませんが、
雨が降ると言って降らなかったり、曇りと言って晴天だったり、
天気予報がはずれるなんて珍しいな~
と思っていたにいにいですが、みなさんはいかがお過ごしですか?


今年も3月に入ってから、3.11東日本大震災の特集が増え、
あれからもう5年、まだ5年という声をよく聞くようになりました。

色々な人が一生懸命活動している
姿を拝見し、改めて地震列島 日本に住んでいる事の意味を考えさせられます。

今年も、検索エンジン会社の大手、ヤフーさんが
3.11当日、「 3.11 」を検索して、応援しよう! というようなキャンペーンをされており、
今年もどんな形であれ、社会正義に反することでなく、出来る事で出来る事があれば
やってみよう!!と思い、クリックする予定です。

にいにいのワンクリックで、10円が東日本大震災関連のことに寄付されるのであれば、
微々たる力ですが、今年も何かのお役に立てたるかもしれません。


今年、感心したことが、
ヤフーさんが今年も続けている、という事実です。


人は、その時々のひらめきで、良いアイデアや意見が出ます。
そしてすぐにやってみるのですが、その1回で満足してしまうことが多いです。
さらにお金のかかることは、すぐやめてしましがちです。
でも、ヤフーさんは今年も続けている。

昨年は2,900万円程、お金を寄付されたそうです。
ヤフーさんの掲載ページから寄付について。


↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓


寄付について
・2016年3月11日0時00分から23時59分までに、「3.11」というキーワードで行われた検索が対象。
この時間帯以外に行われた検索については寄付額算出に含まれておりません。
・「3月11日」「3,11」など、表記が異なるキーワードについては、原則として寄付額算出の対象となりません。
・検索者数はユニークブラウザー数で集計しています。
・寄付金の上限額は昨年実績を目安としています。
昨年は合計2,918,278人(ユニークブラウザー数)が当日に「3.11」と検索し、
29,182,780円を6団体に等分して寄付いたしました。
・最終的な寄付金額は3月14日に発表し、4月に、
支援先として選定した10団体に等分して寄付させていただく予定です。
・寄付の完了後に、Yahoo!検索ガイドにて実施報告いたします。



しかも、今年は「 自分の寄付が11倍になる 」という
すごい企画までやられている。

(例)

自分の寄付   ヤフーさんの加算     合 計
 10円    +     100円     ⇒   110円

金額に上限があり、Tポイントでもできるらしいので、
みなさん、是非チャレンジしてみましょう!
(勿論、にいにいも、します)



また、リアルな復興の形として、
N○Kさんが、昨年と同じ陸前高田市を特集で取り上げられていました。


昨年は
『 色々な復興計画と進まぬ現状 』。

今年は
『 ゼロから町をつくる ~陸前高田・空前の巨大プロジェクト~ 』です。


少し、内容をN〇KさんのHPから紹介します。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓


津波で中心市街地の機能が全て失われた岩手県陸前高田市。
被災地最大規模の造成費を投入し、町をまるごと作り直すという
未曾有の復興事業が進められてきた。

去年9月には、復興の象徴だった総延長3kmのベルトコンベヤーが
土砂を運ぶ役割を終え、高さ最大12m、広さ東京ドーム19個分に相当する
巨大かさ上げ地が姿を現し、本格的な町づくりが動き出した。

市街地の再生を担う陸前高田市役所では、公園や図書館などの
公共施設と商店街を組み合わせた最先端の都市計画を設計するなど、
起死回生の戦略を次々と打ち出そうとしている。
しかし人口の流出が加速し、商店の廃業や転出が相次ぐなど、
町づくりは大きな正念場を迎えている。
“ゼロからの町づくり”に挑む人々に密着し、被災地再生のヒントを探っていく。



1つの場所を、時間の経過とともに追いかけていくと、
復興の真実が少しだけでも見えてくる。

マイナスもプラスも、そこにあるんです。
今年もそこに住む人の覚悟が問われている。


にいにいは、昨年、陸前高田の人が口にした言葉を思い出します。


でも、やるしかないんです……  という言葉を。


1人1人が、真剣に考えている。

震災を、
コミュニティとは何か?
人のつながりとは何か?
町とは何か?   を。


そして、生きるために、真剣に行動している。


それを見て、にいにいは心が震えました。

みなさんも、できることがあれば1つでもいいので、
何か行動を起こしましょう!

そして、応援しましょう!


がんばれ!東北! 




呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/

【2016/03/10 20:55】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大杉先生に書いてもらいました^0^ | ホーム | 新車購入^0^>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/1171-ee9367df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |