おやじの初盆
こんばんわ!やまもと住研にいにいです!


いつもは盆が過ぎれば、朝晩涼しくなるはずですが、
いっこうに涼しくならない今日この頃ですが、みなさんは、いかがお過ごしですか?


広島土砂災害(安佐南、安佐北区)が起こってから、明日で2年。
人の記憶は意外に曖昧で、まだ2年しか経っていない事に、不思議な感覚を覚えます。

この時期になると、いつも土砂災害のことが気になります。


被害に遭われてお亡くなりになられた方々の
ご冥福をお祈り申し上げます。



さて、本日のテーマは『 おやじの初盆 』です。


昨年は 叔母の初盆でしたが、
今年はおやじの初盆をむかえることになりました。

何の因果か、ここでも姉弟の絆を感じさせます。


にいにいの島では、
昨年のお盆以降~今年の8/11までに亡くなられた方を初盆とし、
その親族が集まって供養をした後に、盆踊りを踊る習慣があります。

それが終わったら、通常の盆踊り大会が始まります。



にいにいもおやじの写真をもって一緒に
どの親族より長く、最後まで盆踊りを踊りました。

祭り好きだったおやじも、
きっと喜んでくれていると思います。


s-2015-08-14.jpg

誰よりも大きな声を出し、すぐそこに帰ってきているおやじに届くように……。



昨年の10/31におやじが他界して、約10ヶ月。

色々なことを考えた10ヶ月でした。


改めて思う事は、 家族を守るという役割 です。


この10ヶ月、
おやじの兄弟、親戚、友達、身内など、
色々な人とお話をさせてもらいました。
昔の話や、つい最近の話まで、多種多様です。

そして気付いたことがあります。

それは、おやじは家族のために、変わったということです。

どちらかというと、ワンマンなおやじでした。
自分の好きな事をして、我が道をいく。

そんなおやじでした。


色々な大型免許を持っていて、とにかくダンプカーが好きでした。
自分の会社も創って経営までするほどダンプカーが好きでした。

しかし、にいにいが大学に行きたいと言った頃から
大好きなダンプカーに乗る仕事を辞めました。

そして、給料の良い船乗り(船長)になるために、
50歳を過ぎてから船長の免許を取り、船長になりました。


家族のためなら、自分を変える。


おやじから、教わった大切なことです。


今すぐ完璧にできませんが、
ちょとづつ、活かしていこうと思っています。





今年の盆は、多くの方にお越しいただき、お供え物をいただきました。
本当に、有難うございました。

おやじもたくさんの方にお会いでき、とても喜んでいると思います。


そして、お願いです。

ご縁のある方、
どうかおやじを忘れないで下さい。

片隅でいいので、記憶の中に、留めておいてやってください。

それが、おやじが生きた証になるのですから……。






呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/
 
【2016/08/19 21:34】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<家売るオンナ! | ホーム | 深山の滝!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/1204-70143711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |