大切なことは、視界に入れる!
こんばんわ! やまもと住研にいにいです!



昨日の鳥取中部で起こった震度6弱の地震に、
久しぶりに動揺したにいにいですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?


携帯の警告音もすごかったのですが、運転しながらラジオを聞いていて、
ラジオでも似たような警告音が流れることに驚きました。

マニュアル通り、車を左端に停めて数秒待っていたのですが、
意外に大きく揺れたので少し動揺しました。
会社が無事か電話し、問題無し、
おかんに電話して無事を確認(電話は数分つながらず、メールで確認)。

本当に、地震列島の日本に住んでいることを実感します。

起こった時の対応策と事前準備を改めて確認しておきましょう。




さて、本日のテーマは『 大切なことは、視界に入れる! 』です。


人は色々な情報を日夜、五感を通して得ています。
その情報の約8割を視覚が占めると言われています。

多くの事が、ほとんど視覚を通して、
気付いたり、感じたり、考えたり、行動したりしているのです。


つまり、大切なことや習慣化させたいことは
積極的に視覚に入れる方が定着しやすいのかもしれません。


みなさんの中にも、
受験勉強や資格勉強などされた方などなら、少し覚えがあるのでは?

例えば、トイレや廊下に英単語を書いて貼りつけたり、
何度も繰り返し同じものを読んだり……など。



現在、やまもと住研では『 クレドの浸透 』を全員で取り組んでいます。


クレドは、色々な場面で使用され、色々な解釈がありますが、
やまもと住研ではクレドを『 基本行動指針 』として捉えています。


基本行動指針 とは…。

やまもと住研の行動指針とは、
経営理念を分かり易い考え方にして、
経営者、社員、取引業者にまで浸透させていくものです。

これは行動を縛るものではありません。
自分で考え、行動するものです。

マニュアルではできない感動のサービスを提供し、
イキイキとした組織を作り上げる為の行動指針です。


と、定義付けています。


それでは、何のために、基本行動指針があるのでしょうか?



それは、


やまもと住研が、お客様・地域社会から愛され選ばれ続ける会社であるため 


です。



昨今、テレビで行政や企業の誠実さを疑うような事件が乱発しています。

不正・虚偽記載・隠蔽・責任逃れ、などなど。

どれも、人としてどうよ? と、疑うことばかり。


いい組織、いい企業としてあり続けるためには、
最高の知識・技術を持つこと、
お客様の問題を解決すること、
売上や利益を確保することなど色々ありますが、


その基礎として、

人として、きちんとした判断・行動がとれること、
人として、当たり前の事を、当り前にすること、

などが本当に大切なのではないでしょうか?



やまもと住研の従業員用トイレや入口には、
次のようなものが掛けられています。

s-IMG_6692.jpg


これを見て、意識して実践し、
その結果を朝礼で発表し、みんなで共有する。


多くの会社にクレドがあるかもしれませんが、
それをこのように実践している会社がどれだけあるでしょうか?



只今、やまもと住研は、

お客様・地域社会から愛され選ばれ続ける会社を目指して

前進中です!




呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/
【2016/10/22 22:00】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あなたの性格は? | ホーム | 実家の大問題!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/1213-5718a1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |