べっぴんさん!
こんばんわ!やまもと住研にいにいです!


朝晩が本格的に寒くなり、
気温も湿度も急に下がり、体調を崩しやすい時期になりましたが、
みなさんはいかがお過ごしですか?


うちの会社でも、数人が体調を崩しており、細菌による悪さが増えているようです。
にいにいの家には湿度計があるのでよくわかるのですが、
乾燥していて湿度が低い(ひどい時には30%台になります)。

湿度が低く乾燥すると、細菌が活動しやすくなるらしいので、
マスク等を使って、しっかり対応して下さいね。



さて、本日のテーマは朝の連続ドラマ小説『 べっぴんさん! 』です。

s-べっぴんさん5

s-べっぴんさん3


N〇Kさんの、朝の連続ドラマ小説ですが、

にいにいにとっては、
マッサン、まれ、あさが来た、ととねえちゃん に続く 第五弾!
朝ドラ歴も2年を超えました。




s-べっぴんさん4
(ととねえちゃんからの、バトンタッチ …  N〇Kさんでは儀式だそうです)



この度の『 べっぴんさん 』のヒロイン 坂東 すみれは、

子供服の老舗名ブランド「ファミリア」の創業者 
坂野惇子(ばんの・あつこ)さんをモデルとしており、

「育児に悩む母親のため、そして未来ある子供たちのため」

という思いで、一心に子供服作りに心血を注いだ、たくましく、
すばらしい女性の人生を描いております。

「愛情品質」を考えた子供服作りで、機能的かつ良質な赤ちゃん肌着やオムツを考案し、
ベビー服業界に新風を吹かせた女性です(ファミリア公式ホームページによる)。



おおまかな、あらすじは…

昭和の初め、
神戸の山の手で裕福な家庭に生まれ、刺繍や手芸が大好きな女の子、「すみれ」がヒロインです。

すみれの家庭は、会社経営をする父、元気な姉と恵まれており、
18歳の時にはおさななじみとお見合い結婚も果たすほど、まさにすみれの人生は順風満帆。

娘も授かり、とても幸せな生活をしていたのですが…
この後、すみれの人生は大きく狂ってしまうこととなるのです。

それが、戦争のはじまり。

家は焼け、戦後にはこれまでの財産が全て没収…
すみれの幸せだった生活は、一転して地獄を見ることになってしまいます。
しかし、すみれは娘もいることから、なんとかして、生活していかなければならない…

すみれは生きていくために、子供服作りをはじめます。

仲間の女性や夫と、時にはぶつかりながらも起業し、
やがて、すみれの子供服は宮内庁御用達にまで認められるようになり、
日本初の総合子供用品店をオープンさせるまでに成長することとなるのです。




相当、朝の連ドラにハマっているにいにいですが、
この度の、にいにいの着目点は 3つ。


1つ目は、『 べっぴんさん 』です。


N〇Kさんは、

『 美しい女性、格別な品物(別品)を作る人、特別に大切なもの 』

という設定になっています。

格別な品物、格別な思い、こだわりの物づくりを
どのような形で表現されるのか?気になります。



2つ目は、『 クローバーの4つの葉の意味 』です。


勇気  愛情  信頼  希望


昭和から平成へと、時代が変わっても、変わらない大切なもの。

時代の流れと共に、どのように変化していくのか、楽しみです。



3つ目は、『 女性 と 働く 』です。

前作の、ととねえちゃんでも、この視点は関心をもって見ていました。

現在、アベノミクスでは、女性が活躍できる社会というものに
活路を見出そうとしています。

また、にいにいの会社でも、女性 と 働く という
ふたつのバランスを、いかに保ち、より良い会社に発展できるか、
真剣に取り組んでいます。

べっぴんさんを見て参考にし、
女性が輝く職場作りを、半歩でも前に進めていきたい…… 

そんな気持ちです。


s-べっぴんさん2

s-べっぴんさん1



みなさんも、是非 朝ドラーになってみては、いかがですか?




追伸

べっぴんさんの脚本は、
フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんの奥様らしいですよ……。



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/
【2016/11/05 20:47】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<秋のYYフェア2016 in 呉ポートピアパーク! | ホーム | あなたの性格は?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/1215-b92ce1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |