FC2ブログ
一生懸命、復興中!(広島市安佐南区)
こんばんわ! やまもと住研にいにいです!


今年もいよいよ残すところ、あと3週間。

そろそろ、今年の振り返りと来年の抱負など、
頭を捻る季節がやってきましたが、みなさんはいかがお過ごしですか?

にいにいも、そろそろまとまった時間をとって、
振り返りと来年の目的・目標を立てる予定です。
今年は色々あって、なかなか自己コントロールができず、
己の甘さが浮き彫りになり、反省してります。

必ず、改善してみせます!



さて、本日のテーマは『 一生懸命、復興中!(広島市安佐南区) 』です。


12月の定例行事といえば、
今年1年でお世話になったお客様への年末のお礼挨拶まわり。

今日はその日で、朝の8:30~20:00まで、
出来る限りのお客様を訪問し、直接お礼を伝えてきました。

呉市からスタートし、安芸郡~広島市南区~佐伯区~西区~安佐南~安佐北~中区と
広島の主要区を制覇してきました。

走行距離、約160㎞。

その距離を、呉市から大阪方面に行くと、
なんと、岡山駅に到着してしまいます(笑)。

時間とガソリンはかかりますが、
今年存続できたのも、お世話になったお客様のお蔭です。
その気持ちを大切にしていきます。


少し、脱線してしましましたが、
久しぶりに安佐南区・安佐北区に行ってきましたので、
気になるのが『 広島土砂災害 』の復興状況。

おおよそ3年4ヶ月程経過しておりますが……。


土砂災害が起こった時がこのような感じでした。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

IMG_0201_201712092103475fb.jpg




現在は、砂防ダムが建設されており、こんな感じです。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓


IMG_0214.jpg
IMG_0215_20171209210012c75.jpg


広島市は、復興プランとして

平成26年~平成31年の5年間を『 集中復興期間 』

平成31年~平成36年の5年間を『 継続復興期間 』

として定め、10年間の計画を立てています。


復興まちづくりの基本方針として、

〇基本的考え方
この度の豪雨により被災した地域は、人々の生活が古くから営まれ、各種都市基盤や生
活基盤の整備された地域であり、今後とも、安心して住み続けられるまちとすべく復興に
取り組んで参ります。
このため、後述するように、防災・減災のための施設整備や被災住宅の再建支援などの
行政の取組(公助)と、住民一人ひとりの自らの行動(自助)を基本としつつ、地域社会
で住民が主体的に取り組む防災活動(共助)により、被災地域を災害に強い安全なまちに
よみがえらせます。


〇災害に強い安全なまちを実現するための基本的な施策(4つ)

① 砂防堰堤等の整備
土石流から市民の生命と財産を守るための施設である砂防堰堤 の整備に加え
治山堰堤の整備を、国及び県の施策として推進します。

② 避難路の整備
災害発生時の避難路として機能する道路の整備により、
市街地の安全性をより向上させます。
まちの骨格となる都市計画道路の整備を促進するほか、
地域の防災道路となる生活道路を整備します。

③ 雨水排水施設等の整備
豪雨の際の出水から市街地を守る雨水排水施設等を、
砂防堰堤や避難路に併せて整備します。

④ 住宅再建の支援
市民が安心して住み続けられる環境を確保し、住み慣れたコミュニティの中での
現地再建を基本に、住宅再建支援に取り組みます。


その他、詳細に色々定めれらていますが、
長くなりすぎるので概算だけお伝えしました。
(詳しく知りたい方は、広島市のHPをご覧ください)




大切なことは、
起こってしまった災害から学ぶ事と、
次の災害を未然に防ぐこと、予防する事、
です。


知る事は学ぶ事です。
東京大学の先生方や広島市が、
この度の災害について、こまかくまとめられています。

それを見ることが大切だと思います。
(にいにいも、仕事柄大切な内容なので目を通しました)



被災された方々のご冥福と、
1日でも早い復興を願っております。

また、この広島の経験を、
その他でも活かせて頂いたら、幸いです。



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/
【2017/12/09 22:13】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<たまには、空をどうぞ! | ホーム | くらしサポートえたじま!(江田島市社会福祉協議会さん)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/1275-dc5f2c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |