FC2ブログ
新春講演会に行ってきました!
こんばんわ!やまもと住研にいにいです!


ここ数日、数年に1度の寒気がやってくるということで、
少し心配しているにいにいですが、みなさんはいかがお過ごしですか?


ご当地呉でも、雪は降っていませんが、とにかく風が冷たい。
まだ、陽射しが良いので体感温度はまだましですが、
外気温度計は2~3℃を示しています。

自分のスケジュールを確認しながら、
雪が降らない事を祈って毎朝起きています(笑)!

また毎年のことですが、
寒波・積雪が大学のセンター試験と重なるようで、少し気の毒です。
受験生のみなさん、時間にゆとりを持って、頑張ってくださいね!!


さて、本日のテーマは『 新春講演会に行ってきました! 』です。


毎年、新年あけてこのころに、
金融機関さんが主宰されている講演会に行かせていただく機会があります。

毎年、そのセミナーに登壇される講師陣が
テレビなどでも拝見する著名な方々で、とても貴重なお話を聞くことができ、
すごく勉強になります。

少しでも会社の経営に活かせないか? 奮闘してきました。

今年の講師は、テレビでもお見受けする

『 (株)第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 永濱利廣 さん 』

でした。

s-IMG_0469.jpg

s-永濱利廣


お題が
『 2018年の日本経済の展望 』という大きな枠ではあり、

一地域の中小企業には関係ないのかな~

と思っていましたが、1つラッキーだな~と思った事が、
永濱さんが景気動向のスペシャリストだということです。

日本の景気動向について、専門家から直接具体的な話を聞くチャンスです!


話の内容は大きくわけて 2部構成となっており、

1つ目は、
景気動向(広島県・中国地方、海外(ユーロ、アメリカ、中国))、アメリカ経済と五輪特需

2つ目は、中小企業の生き残り策

といった感じでした。


にいにい個人的に強く感じたことは、

一般人でも海外(特にアメリカ)の国家戦略・施策、景気動向を
知っておく必要がある時代になってきたということです。

特に、アメリカの国家施策・景気動向と日本の経済・株価・景気動向は
密接に関係しており、改めて注視する必要性を強く感じました。


2016年の年末に、にいにいのブログで

来年の1月からは、確定拠出年金個人型の規制が緩和され、
日本国は本格的に年金制度の見直しに取りかかろうとしているし、
個人資産を『 保有 』 ⇒ 『 投資・運用 』に転換させていくみたいです。
(年金は、自分で考える時代に突入していきますよ)
本当に、自分の頭で考えていないと、
損をする時代がそこまでやってきています。

とお話ししましたが、

アメリカの国家施策・景気動向で、アメリカの株価も日本の株価も大きく変動し、
自分の年金や資産も変動する時代に突入したことを実感します。
(現金だけの人はハイパーインフレ対策が必要ですね)


ビジネス用語で
『 空 ・ 雨 ・ 傘 』という思考のフレームワークがあります。

空 … 雲行きがあやしいな~と見て(事実を確認)
雨 … このままでは雨が降り出しそうだと考え(事実から分析・解釈)
傘 … 傘を持って外出する(行動を起こす)


という意味です。


国家も個人も、
近所の話から、遠くアメリカ・ヨーロッパまで
しっかり空を眺める時代になりましたね!


追伸

永濱利廣さんのお話しでは、
2018年の日本の景気は好調だそうです。
五輪特需がおさまる2019年の夏頃(五輪の1年前)から、
少しずつ下降気味になるそうです。

その一方、アメリカのトランプ大統領は、
10年間で170兆円の減税を行なうという大勝負を仕掛けました。

特に、アメリカ企業が海外で稼いだお金を
自国に持ち帰る際の税率を35%→14%に減税し(レパトリ減税)、
法人税も35%→21%に減税し、アメリカにお金を集めようと真剣です。

現実化すれば、当分の間、円安・ドル高に動いていきそうですね。


阿部さん、日本も負けてはいられないですよ!

【2018/01/13 15:16】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<都市鉱山からつくる みんなのメダル プロジェクト! | ホーム | 一年の計は元旦にあり!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/1281-fa2a7a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |