FC2ブログ
もう7年、まだ7年。
こんばんわ。やまもと住研のにいにいです。



昨日今日と、ご当地呉では、
雲一つない青空が続いており、春にむけて時が流れていることを
実感しているにいにいですが、みなさんはいかがお過ごしですか?

ここ数日、よどんだ空模様がが続いていたので、
昨日今日と心が晴れわたるような晴天に、心が洗われます。


また、空を見ながら、
この空は東北とつながっているいるんだろうな~
と思いを馳せておりました。


さて、本日のテーマは『 もう7年、まだ7年 』です。


今年も3月に入ってから、3.11東日本大震災の特集が増え、
あれからもう7年、まだ7年という声をよく聞くようになりました。


5年という節目から、序々に民間放送局の時間が短くなり、
H○Kさんの特集放送が目立つようになりました。

いつもは、民間放送?国営放送?など意識することは少ないように思いますが、
この時ばかりはその影響も出ているのでしょうか?


テレビやラジオで、色々な人が一生懸命活動している姿を拝見し、
改めて地震列島 日本に住んでいる事の意味を考えさせられます。


その中で、少し気になったことが……。


それは、目指す復興とは何か? ということです。


東日本大震災から7年。


これまでは、震災からの復興が多く取り上げてきました。

その速度や内容について、
阪神淡路大震災と比べられる時がありますが、
本当は比べる対象にならないほど、その内容が違う。

特に、津波被害とその被害範囲。


さらに、今年の色々な特集では、7年目の現状

復興の難しさ + 日本に元々あった懸念(少子高齢化と経済の縮小化)が

同時に進んでいることの難しさを取り上げているものがありました。



例えば、

被災した店舗を2年で必死に立て直したが、
3年目以降はボランティアの方や観光客が激減し、
人口は20%減り、高齢化して商売の見通しが立たない… など。


ある企画では、
毎年同じバス停で降りて、その町の復興状況をリアルタイムに放送しているものもあり、
あからさまに何も無かった土地に、どんどん家が建っている状況を映し出しています。
色々な店もできて、復興している様子はうかがえます。

仮設住宅住まいの方も、当初47万人でしたが、
現在では7万人に減っています。
(7年経過したのに、7万人も……)


見える景色は変わっています。


しかし、タイトルは『 進まぬ復興 』です。



人、家族、コミュニティー、人口、街並み、産業、住宅、地区計画 ……。


目指す復興とはどんなものでしょうか?
その着地点は見出せるのでしょうか?

あと何年経てば、見通すことができるのでしょうか?

そんな想いが頭を馳せました。


でも、頭でっかちでは何も進みません。
1つ1つの事を確実にやっていくしかないのです。



今年も、検索エンジン会社の大手 ヤフーさんが

3.11当日、「 3.11 」を検索して、応援しよう! 

というようなキャンペーンをされており、
今年も出来る事があればやってみよう!!
と思い、クリックしました。


にいにいのワンクリックで、10円が東日本大震災関連のことに寄付されるのであれば、
微々たる力ですが、今年も何かのお役に立てたるかもしれません。
(にいにいがクリックした時点で、100万人から14億円の寄付がされていました)


また、Tポイントも多少溜まっていたので、全額を寄付しました。


感心したことが、ヤフーさんが今年も続けている、という事実です。

企業・営利団体なので、財務状況によって
できること、できないことなどありますが、
できるかぎり続けてほしい支援ですね。

にいにいの募金活動も、出来る限り続けていきますので、
みなさんもお願いします。




地震列島日本に住んでいる全日本人が
全員で共有し、学んで、教訓にしなければいけない東日本大震災。

心に深く刻んで、忘れてはいけない1日です。



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『  住まいの総合情報館 住まいナビ 』
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/


【2018/03/11 17:47】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<海の見えるマンション! | ホーム | うまい?まずい? ……どっち?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/1290-893b7ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |