FC2ブログ
会社の形!
こんばんわ!やまもと住研にいにいです!


朝晩が涼しくなり、過ごしやすい季節になってきましたが、
みなさんはいかがお過ごしですか?

予想以上に台風の発生と影響が少なく、
少し安心しているにいにいです。

しかし、本日も雨が結構降っていて、
土砂崩れしている隣を通る時には今でも心配になります。


また、一昨日、昨日と、
天皇陛下が呉にお越しになる予定でしたが、
天候不良のため延期になりました。

2日間、呉市内にはパトカーの数が増えて、
一種の緊張感がありましたが、それも治まりました。

少し残念でしたが、それも何かの縁。
ご縁がある限り、次回があることを祈っております。



さて、本日のテーマは『 会社の形 』です。


世の中にはたくさんの会社が存在しております。
大企業、中小零細企業、個人事業主、NPOなど様々で、
業種も数えきれないぐらい存在しております。

そのほとんどが中小零細企業で、その割合は99.7%。

さらに、小規模事業者の割合は86.5%。

多くの方が小規模事業者で働かれています。


採用活動を通して感じる事は、
学生さん達の志向が大企業さんへ向いている、
知名度先行型に傾いているトレンドを感じます。

安定が一番

かもしれません。


それでは、86.5%の小規模事業者は魅力がないのかと言えば、
そうではないような気がします。

小規模は小規模なりに柔軟性があり、
トップの考え方次第で、会社の器と形は
色々は形を形成することができるのです。

それを感じたのが、本日ご紹介する本です。


s-IMG_7026.jpg


島根電工㈱ 代表取締役社長 荒木恭司さんが書かれた
『 不思議な会社に不思議なんてない 』です。

少し、本の紹介を。


●社員が辞めない。出産育児後100%復帰。
●ほぼ全員参加の社員旅行、本気の大運動会。
●水・金曜日、そして月曜日もノー残業デー……。

不況業種のローカル企業が、建設業をサービス業に変えて急成長!

「所得、人口ともに島根県、鳥取県は全国最下位エリアです。
島根電工グループはこの二県を主に営業エリアにしています。
しかも島根電工の業種は建設業という不況業種です。
公共事業はどんどん減り、とてもではありませんが、元気になりようがない会社といってもいいでしょう。
そんな会社が、毎年のように業績を伸ばしているとしたら、はたして信じていただけるでしょうか。

よく周りから言われます。
「不思議な会社ですね」と。
(はじめに より)」

■目次

● 県民所得ブービー県で営業する会社が、こんなに元気なのはなぜか。
 ~できっこないことが現実になる~
●第1章 期待を超える感動を
●第2章 「お客さまが感動させる」社員を育てる
●第3章 変化に即応した会社だけが生き残る
●第4章 やはり一番大切なのは「社員」
●第5章 島根から全国に元気を!
●会社の未来は、これからの人たちに託したい。


以上が、本のご紹介&目次です。


やまもと住研と同じ建設業。どちらかと言えば衰退産業。
しかも、営業エリアは人口減が著しいご近所の県。

ほんとにそんなことが可能なのか? 
という疑問と、

建設業をサービス業へ 
という、やまもと住研のポリシーがリンクしたことが、
この本を手にとった理由です。


目次にもあるように、キーワードは
『 やはり一番大切なのは「社員」 』でした。

小さい企業を支えているのは、社員1人1人です。
その1人1人の力の集合体が、会社の力です。

その1人1人がいかにお客様のためにという考えを持ち、
自発的な行動をお越し、お客様のご要望を叶えて
感動まで引き上げるための力が発揮できるような環境や商品、
教育システム、戦略を考え実践していくことが、
本当に大切だと感じました。


社員旅行や運動会など、
現代では無くなっていく傾向にあるイベント事も大切にして、
本当に一種の家族として会社が存在しています。

大企業では絶対にありえない感覚です。


人は自分が所属しているコミュニティーの中で生き、
その中で必要とされることに、喜びや生きがいを見出すと言います。


改めて、そんな『 会社の形 』を考えさせられた本でした。



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/
【2018/09/15 16:04】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<江田島市沖美町ニューブルービーチの景色! | ホーム | 自然災害対策のために増税(目的税)を!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/1315-3db760c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |