地域活性化のヒント(今治タオル)!
こんばんわ!!やまもと住研にいにいです!


にいにいも例年になくドタバタ中で(ここ2~3年年末はゆっくりモードでした)、
街も人も、クリスマスや年の瀬ムード一色に染まっている様子がうかがえる今日この頃ですが、
みなさんはいかがお過ごしですか?

さて、年末になるとドタバタし忙しくなると、心と思考にゆとりが無くなりがちです。
その一方で、年末になると今年1年間の総括をしたくなります。
『 考えたくない と 考えなきゃ 』が共存する面白い時期です。

そんな中、にいにいも全く違う二つのことが起こり【 呉 】について考える機会がありました。

その二つの機会ですが、
まず1つ目は、「 くればん 」さんの取材。

『 今年を振り返って、自分にとっての重大であった事について 』

が課題でした。


2つ目は、先日の営業研修で出た課題『 自分がどういうことで、何を達成したか 』
という内容でした。


それぞれの詳しい内容は書けませんが、2つには共通した点があって、

『 呉 』という地域について、相当思い入れがある… という自分の思いでした。


地方の中核都市(人口15万人規模、呉は約25万人ですが)で最も高齢化していて、
どちらかといえば景気の悪い話しかでてきません。

その呉を何とか活性化させたいという思いは多くの方が思われているのではないでしょうか?

そんなことを考えていると、最近触れた高価値商品「今治タオル」に
問題解決のヒントを見ることができそうな予感がします。

s-IMG_0596.jpg

s-IMG_0597.jpg

s-IMG_0598.jpg


今治は日本のタオル生産の大部分を占める
タオル王国です。
しかし、名前の知名度は低くタオルの生産が低迷し悩みをかかえていました。

そんな中、とある有名クリエイティブデザイナーの方のお力添えにより、
全国にそのタオルの高品質と言う価値と販売経路を知らしめたのです。

それからというもの、生産料が右肩下がりから若干ですが右肩上がりに転換したのです。
現在も進行中ですが。

それを聞いたとき、にいにいは以下の3点は大切ではないかと思いました。

①『 強みを生かす(良い所を伸ばす・知ってもらう)』

②『 一企業の繁栄を考えるのではなく、街(呉市全体)が栄えることを考える 』

③『 商品・サービスの質(価値)を確保・維持するための仕組みを作る 』



今は価値あるものしかお金を払わない時代です。

また、自分が良ければ全て良し、というような時代でもありません。

呉市は強みを生かした価値の研磨と、街全体で栄えるという仕組み、
それを支える強い意志とそれを引っ張ってくれる強くてやさしいリーダーを
必要としているのかもしれません。


そう強く思いました!




呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 』
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/





テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2012/12/21 22:44】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今年も残り10日です!!! | ホーム | 色々ありますね・・・^0^>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/798-3512cb10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |