ワーク・シフト!
こんばんわ!!やまもと住研にいにいです!


1週間ほど前までは、スロースタートでゆっくりしておりましたが、
今週になって超ハードになってきたにいにいですが、
みなさんはいかがお過ごしですか?

日中は、まだまだ暑い日が続くらしいので、体調管理には気を付けましょう!


さてさて、最近はさすがに23時を超えると、急に集中力が無くなってくる傾向に
あるのですが、もう年なんですかね?

この時間帯に書くブログは、誤字・脱字が多くなり、
何を言いたいのかわからなくなってくる‥‥気を付けないと!!!


さて、今日のテーマは『 ワーク・シフト 』。 本の紹介です!

みなさんの方がよくご存じかもしれませんが、
最近、にいにいは『 働き方 』に興味があり、手に取る本もそっち系の本が
多くなってきました。

仕事をするまでは、漫画や小説なども多少嗜んでいたのですが、
ここ10年ぐらいはビジネス書がほとんどを占めます。


今日ご紹介する『 ワーク・シフト 』は、
2013年のビジネス書大賞を受賞したすばらしい本です。

s-IMG_1296.jpg


著者の リンダ・グラットンさんは、ロンドン・ビジネススクールの教授でもあり、
2児のお母さんでもあります。

正直、本を購入する時は、一度我慢して、再度ほしいと思ったら購入する慎重派ですが、
この本は数ページ立ち読みして、すぐに購入しました。

ホントの気持ちは、全世界でビジネス書2013年の大賞を取る人は、
仕事と家庭を、どうやって両立させているのかな~?

という興味が、本を購入した1番の動機です。
(本当に、仕事と家庭を両立させることに興味があるんですな~)

しかし、内容はちょっと違って、

『 これから10年後にかけて全世界で起きるであろう、働き方の変化 』についてでした。


呉で不動産を取り扱う地域密着型商売をしているににいにとって、驚きの内容でした。

端的に、 働き方は二極化していく!

という内容です。

『 漠然と迎える未来 』は、孤独で貧困な人生が待ち受け、
『 主体的に築く未来 』は、自由で創造的な人生がある。

どちらの人生になるかは、ワーク・シフトできるか、できないかで決まってくる。


働き方が今以上に多様化してきて、
専門的な技術とテクノロジーを活用すれば、
働くという事は、国境も人種も超える‥‥そんなお話です。

にいにいぐらいの世代(30代半ば)より若ければ、
そのような感覚はおかしくない感覚になっているのではないでしょうか?

そのキーワードは、圧倒的な専門スキル。


他人に売り込めるようなスキルがなければ、自分には関係ないかも?

と思ってしまいがちです。

しかし、にいにいは違う視点からこの本を眺めてみました。


これから自分が10年真剣に働くとしたら、

どんな環境の中で仕事をして、
どの方向に舵をきって、
何に注力し、
10年後に自分はどのようになっているのか?

を具体的にイメージする良い機会になるのでは? と。

自分には関係ない遠い国の話だと思わず、
これから自分の10年はどうするべきなのか?

という気持ちで、この本を読んでみてはいかがでしょうか?


働き方や自分のキャリア形成に興味がある人なら
一読の価値ありです。

そんなきっかけをもらえる本でした。





呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/

テーマ:いいもの見つけた - ジャンル:日記

【2013/09/13 00:35】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<まだまだ暑いです(笑) | ホーム | 秋ですね。 ^0^0^-^-^-^>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/875-c09af176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |