心の器!
こんばんわ!!やまもと住研にいにいです!


朝からテレビなどで、桜の開花情報が飛び交っている今日ですが、
今年はどこか花見に行きたいな~と本気で思っているにいにいですが、
みなさんはいかがお過ごしですか?

ご当地呉では、まだまだ5~7分咲きぐらいですが、
週末に雨が降るかもしれないので、どうなるものやら。


さて、本日のテーマは『 心の器! 』です。


去年の夏ぐらいに、弟の25回忌の記事を書きましたが、
先週の休みに『 おじいちゃんの7回忌とひいおばあちゃんの50回忌 』の
法事に両親と光明寺さん(川尻)に行ってきました。

お経を読んで頂いたのが、亡くなった弟の同級生で、
光明寺の跡取りである娘さんでした。

お坊さんといえば男、というのは一昔前の話。
今では街中で女性のお坊さんを見かけるようになりましたし、
にいにい家がお世話になっているのも、女性のお坊さんですから!


にいにいはお経の途中、色々な事を考えます。
おじいちゃんが生きてきた人生や思い出、
おじいちゃんがいつも口にしていた言葉、
会ったことは無いが、聞いたことはある ひいおばあちゃんの話など。

そう考えると、いつも思うんです。

今 にいにいも、時代をつないでいる……と。


おかんからは、おじいちゃんの50回忌を任されました。
43年後、にいにいは80歳ですが、80歳まで生きる理由が1つ増えました。
なので、長生きせんといけんのです!


久しぶりに、脱線しすぎました。本題『 心の器! 』に戻ります。

光明寺さんにて、控室から本堂に移動する際、
1枚の張り紙がにいにいの目に留まりました。

s-IMG_1770.jpg

すごく深い言葉だと感じました。

信心とは『加護を願って,神仏を信ずること。また,神仏を信ずる心。』と、辞書にあります。


その張り紙は、にいにいに

災いが起こらないように祈るのではなく、
どんな災いが起こったとしても、起こった事実を正面から受けとめることが
人のあるべき姿ではないであろうか?

と、問いかけてきます。


どんなことが起きても、それを受け入れることのできる
大きな心の器を持ちたいものです。

その心は、きっとやさしさや愛情という形になって
表れてくるはずです!!



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 』
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/




テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

【2014/03/28 21:00】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<そろそろ春です。みなさんでかけましょう。(笑) ^0^ | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/948-c22052aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |