野心のすすめ!
こんばんわ!!やまもと住研にいにいです!


久しぶりの雨に、草木たちが喜んで
ゴクゴク水を飲んでいる音が聞こえてきたにいにいですが、
みなさんは、いかがお過ごしですか?

ようやく、GWの休み気分も落ち着き、
本格的に仕事モードに切り替わってきました。

地元の先輩から薦められて読んだ『 野心のすすめ 』(林 真理子 著)のおかげで、
(去年のベストセラーらしいですね)少し早めに仕事モードに突入。

51f0qQJI9DL__SS400_.jpg


にいにいにとって、林 真理子さんは破天荒のイメージがあり、
本のタイトルが自分にとって合わないな~と読まず嫌いを決め込んでいたので、
本屋さんでも手に取らなかった1冊でしたが、
先輩のおすすめもあったので、その日に購入。

今までのにいにいに無い視点の切り口で、
すごく勉強になりました。

この本を読んで、中学生の頃の口癖を思い出しました。

世の中が見えていなく、自分の身の丈も把握できていない、
夢や希望で満ちていて、自分の可能性を信じていた頃、
冗談交じりに連れ同志が叫んでいたことば…。

『 小さく、まとまるなよ! 』

ひたすら上を見て、有名になりたい、お金持ちになりたいと、思っていた時代です。

その頃の気持ちを、少し思い出しました。


にいにいのコメントで、誤解を招いてはいけないので
少し補足をさせていただくと、林真理子さんは

野心 = 大きな望みを持つこと  と表現されております。

他人をだましたり、偽ったりして、自分だけが得をするような
表現ではありませんので、誤解なく。


また、印象に残った言葉に、


やってしまった事の後悔は日々小さくなるが、
やらなかった事の後悔は日々大きくなる 。


が、あります。

また中学生の頃の話に戻りますが、
当時好きだった女の子が同じことを言っていました。


やらずに後悔するよりは、やって後悔した方が良い ……と。


にいにいの話はレベルが低すぎて、林真理子さんに悪いのですが、
でも、昔心の中に眠っていた 野心 を思い出させてくれました。


その当時、この本を読んでいたら間違った方に勘違いをしていたかもしれません。
にいにい37才、色々な事を経験した今だからこそ、野心の意味をきちんと理解し、
40才を目の前にして、正しい意味で身を奮い立たせてくれる、
意味がある内容だったと思います。


男性目線で書かれているので、
女性の方が見られたら???が付くことがあるかもしれませんが、
野心 に興味がある方は、ご一読されてみてはいかがですか?




呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/




【2014/05/15 22:39】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<五月も中盤です^0^ 5月17日です。 | ホーム | しんけいすいじゃく>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamamotojyuuken.blog102.fc2.com/tb.php/969-0038fc7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |