春のYYフェア2017 in 呉ポートピアパーク!
こんばんわ!!やまもと住研にいにいです!



昨日の雨で、桜が散ってしまったのでは?
と心配しているにいにいですが、みなさんはいかがお過ごしですか?
今年は、花見に行かれましたか?


よくよく考えてみると、本当に桜が咲いている期間は、
1年のうち2週間程度。だから、みんなから望まれているし、
みんなをハッピーにさせてくれる、とても貴重な存在ですね。


今年は、広島中央公園と比治山公園に行って
桜を見てきましたのでご覧下さい!


s-IMG_7802.jpg
s-IMG_7800.jpg
(広島中央公園)



s-IMG_7853.jpg
(比治山公園)




さて、本日のテーマは『 春のYYフェア2017 in 呉ポートピアパーク! 』です。


明日・明後日 4/8(土)、4/9(日) ともに10:00 ~ 17:00は、
やまもと住研が年に2回行うビッグイベント 「 春のYYフェア2017 」が
呉ポートピアパークで開催されます。


あまり、仕事の話をしないのですが、お客様に特典がたくさんあるので、
こればかりは書かずにいられない。

s-IMG_7860.jpg


s-IMG_7859.jpg



今年は、来場記念として、可愛いトートバッグをプレゼントしております!


さらに、楽しい催し物をたくさん準備して、お待ちしております!

例えば、


☆ 楽しもう love green 電球テラリウム
☆ リメイク缶☓多肉植物寄せ植え
☆ 雑貨販売&家具販売
☆ 家事の達人による裏ワザ満載セミナー(限定10組)
☆ 美味しいうえに胃腸に良い トリムウォーターの全てが分かる!セミナー

☆ 超目玉!イベント価格で水廻り商品を展示
☆ LIXIL 2大エコ・リフォームを本気割引!


毎年ですが、

住まいに関することなら、何でもご相談ください。

リフォーム、リノベーション、新築、不動産売買(不動産賃貸は本社ですよ)
何でもありです!!!!


遅かれ、早かれ、家についての相談事や悩みは、
誰にだってあるはず。

そういうにいにいも、快適に過ごす為に、
考えていることは結構ありますよ。

しかし、どの悩みを、誰に相談してよいのか、
意外とわからない。

やまもと住研では、その問題をお客様と一緒に明確にし、
どのように解決して行ったらいいのか、一緒に考えます。

なんせ、住まいのトータルプロデュースが本業ですから!!



その他、
作って遊ぼう! 木のおもちゃ作りなど、
体験できるイベントもご用意しております。


にいにいのおすすめコーナーは、
『 トリムウォーター 』です。

水は本当に大切です。

健康に興味がある方なら、
絶対気に入ってくれると思うのですが……。


今年も感謝の気持ちを込め、
特価商品もご用意しておりますので、
是非、足を運んでみて下さいね!!




呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/
【2017/04/07 22:05】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松下幸之助さん
こんばんわ!やまもと住研にいにいです!

昨日から4月に突入し、
いよいよ新年度がスタートしましたが、みなさんはいかがお過ごしですか?


いよいよ年に1度しか咲かない 桜の時期になってきましたが、
ご当地、呉・広島でも、今週が桜の開花をむかえるそうです。

本当に、1~2週間しかない貴重な季節。
日本人として、桜を存分に楽しみたいものですね。


さて、やまもと住研にも、4/3~
新入社員として新しい仲間が2人増えます。

色々な選考を最後までやり抜いた2人です。
今年もとても優秀な人財がやまもと住研を選んでくれたことに、
とても感謝しております。

一度きりの人生です。
やまもと住研というステージで、
おおいに暴れてほしいな~と期待しております。
長いお付合いになりますが、よろしくお願い致します!



さて、本日のテーマは『 松下幸之助さん 』です。


にいにいは今年で40才になりました。
仕事でもプライベートでも、色々な人に出会い、別れていきます。

つくづく感じる事が、 

本当に、色々な人がいるな~

ということです。


人は自分と同じような価値観を持つ人を好きになる傾向があり、
まったく違った価値観を持つ人を遠ざける傾向にあります。

小学生の頃は、みんな同じことを考えているんだろうな~
と思っていましたが、
自我というものをある程度表に出せるようになる中学生の頃には、
十人十色を強く認識するようになり、 
人との違い 個性の違い を意識するようになりました。

最近は、十人百色ぐらいあるのではないか?
と思うようになりました(笑)


そんな、1人が10色の色を持っているかもしれない時代に、
企業はどうやって 複雑化していく個人と

どう向き合い、どう付き合っていけばよいのでしょうか?

会社が個人にできることは、何でしょうか?

個人が会社にできることは、何でしょうか?



そんな中、先日久しぶりに、学ぶ機会をいただきました。


s-IMG_7754.jpg


アチーブメント(株)の青木社長の講演で、
テーマが『 人を活かし、人を育てる志経営 』です。

パナソニック(松下電工)の創業者
松下幸之助の経営哲学についてでした。

にいにいの尊敬する経営者の1人です。


今回は、アチーブメントさんより、
松下幸之助さんの言葉に注目してみます。


松下幸之助さんの言葉より、

【 繰り返し伝える価値 】

 繰り返すことが、経営者の考えを社員に浸透させることになるな。
 ( 中略 )
 とにかくわしは毎日話をした。そうすると、社員たちははじめはただ、
 そうですかあ、ということやな。けど、繰り返し話をしておると、だんだんと、
 なるほどそうかと。大将えらい熱心やなあ。そりゃ、自分たちもやらんと
 いけんですなあ、ということになる。やがてしばらくすると、むしろ、
 社員のほうが一生懸命になって、大将、なにいうてますねん。そんな
 なまぬるいことではあきません。
 そう言われたことがある。ほんまやで。


【 経営理念、使命感 】

どのようにすれば人が育つかということだが、いちばん大切なことは

『 この企業は何のためにあるのか、またどのように経営していくのか 』

という、基本的な考え方、正しい経営理念、使命感をしっかり持つことである。
会社の基本の考え、方針がはっきりしていれば、力強い指導もできるし、
それぞれの人も、それに従って是非の判断ができるから、人も育ちやすい


【 人間誰でも王者、誰でも偉大な存在 】

ええか、きみ、
経営しておっても、どの人も王者だという考え方を根底に持っておらんとあかんよ。
社員の誰に対しても、ああ、この人は素晴らしい存在なんや。お客様に対しても、
道行く人に対しても、立派な人や、偉大な能力を持った人なんやと思わんといかんね。


※全て、松下幸之助さんに関する書物より


どの言葉も経営の本質をついており、
心の底から、人を大切に経営者であることが、にじみ出ています。



個人が尊重され、個人の権利を主張する時代と、
人と人とのつながりを大切にしたい、みんなが一丸となりたいと求める時代。


この時代に、会社はどんな形の未来を描けばよいのでしょうか?

会社・経営の本質が問われる時代になりましたね!




追伸

このセミナーで、アチーブメントの青木社長の言葉で
改めて心に強く留めた言葉がありました。


『 力なき愛は、無力 』
 

です。

すごく意味の深い言葉ですね。


高校生の時に強く心に刻んだ言葉、

『 本当のやさしさは、強さのなかにある 』

という言葉とすごく共鳴しました。




呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/
【2017/04/02 20:56】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
映画 『 ラ・ラ・ランド 』
こんばんわ!やまもと住研にいにいです!

3月も終わりをむかえ、
来週はもう新年度になって、心機一転
新天地で新生活を始められる方も…
みなさんはいかがお過ごしですか?

今年の3月はドタバタさせてもらい、すごい日には、
江田島~安佐北区~呉 など、
1日150㎞以上走っております。

この季節、
特に運転中はラジオを意識して聞いているのですが、
色々な番組が終了し、今までの思いでやこれからの新しい番組など、
本当に出会いと別れ、 おわり と はじまり を強く感じます。


諸行無常…。


仏教用語で、

この現実の世界のあらゆる事物は、
種々の直接的・間接的原因や条件によってつくりだされたもので、
絶えず変化し続け、決して永遠のものではないということ。


だから、
今この瞬間を当たり前だと思わず、
今1つ1つ丁寧に大切に生きる。

一日一生ですね。



さて、脱線してしまいそうだったので本題へ。


本日のテーマは、映画 『 ラ・ラ・ランド 』 です。

s-IMG_7542.jpg

映画を1人で見に行くことがほとんどないにいにいですが、
この『 ラ・ラ・ランド 』だけは、何か新しい映画のような気がしてならず、
また、アカデミー賞にノミネートされていたことから、
DVDが出てから見ようとかんがえましたが、

ミュージカル映画

ということで、どうしても我慢できず
2月の末に映画館へ1人で行ってきました。
(その時、アカデミー賞 脚本賞は逃していました)


s-IMG_7543.jpg
s-IMG_7545.jpg



どんな映画かともうしますと、


『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。

女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、
華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイン』などのライアン・ゴズリングと
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのエマ・ストーンをはじめ、
『セッション』でチャゼル監督とタッグを組んで鬼教師を怪演したJ・K・シモンズが出演。
クラシカルかつロマンチックな物語にうっとりする。



すこし、あらすじを…。


オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、
ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと
最悪な出会いをする。

そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで
不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。
初めての会話でぶつかりあう2人だったが、
互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく…。


夢を追いかける2人。
魅かれあう2人。
うまくいかない2人。
ぶつかる2人。

そんな2人を、ジャズやミュージカルといった
テイストで仕上げていく。

そんな2人がむかえる、最後とは……。



にいにいの感想。


久しぶりに、ハリウッド映画はなく、
アメリカらしい映画を見たな~

という感想でした。


夢、 恋、失敗、成功、歌とダンス …。

ある種、すごくスピード感がって、分かりやすい。
大人の揺れ動く感情を緻密に描写しており、
万人受けするうというより、大人の映画かもしれない。


最後の15分は展開が分かれる見どころだが、賛否両論ある。


にいにいはその演出が、
この度 アカデミー賞 脚本部門の受賞を逃した要因ではないであろうか?
と、ひそかに思っています。
(ミュージカル映画だが、ミュージカルを求めていた人にとっては、
物足りなかったかもしれない)


しかし、
歌の構成と、
女優を目指す ミア を演じた エマ・ストーンは、抜群に良かった!!!

この映画が話題になったのも、彼女のお蔭かも…。


久しぶりの、1人映画でした!



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/

【2017/03/26 22:40】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
さすが、コストコ!
こんばんわ!やまもと住研にいにいです!


本日、世間では久しぶりの三連休の中日。
にいにいは一生懸命仕事をして、ドタバタしておりましたが、
みなさんはいかがお過ごしですか?

今日は、仕事で江田島に行ったのですが、
いつもの日曜日と違い、車が多い!!!

さすが、三連休。

よくよく車のナンバーを見てみると、
県外組が多いことに気が付きました。

卒業式などが終わり、春休みに突入したのか、
本当にどこのコンビニも人で溢れていて、車は長蛇の列。

みなさん、三連休を堪能されているみたいですね……。


さて、本日のテーマは『 さすが、コストコ! 』です。


s-コストコ広島



2013年3月23日に、中四国地方で初めてのコストコ
コストコ広島がオープンして、早や4年。

コストコは、アメリカ系会員制の倉庫型スーパーとして
日本人の買い物の仕方の概念を大きく壊した、
広島でも新しい形態のスーパーです。

業務用サイズの商品が山のように積んであり、
未だかつて使った事のないような買物用カートを上手に運転し、
買物をしていきます。

買物をするためには、会員になる必要があり、
個人では年間4400円(税抜)かかります。


にいにいのような少人数型の暮らし方では
縁がないと割り切っていたのですが、先日、某後輩が会員らしいので、
毎日服用している『 マルチビタミン + ミネラル 』がどれだけ安くなるのか
確認してみました。

毎日、使う物であれば、大量に購入しても無駄遣いではなく、
かしこく買い物をしたことになる …… そう考えました。


s-IMG_7075.jpg


いつも行くスーパーで買っているものが写真の中央(120日分)。

コストコで買ってきてもらったものが写真の右端(300日分)

(大きさを示すため、カロリーメイトを置きました)


まず、300日分という商品を初めてみて、その大きさに驚きました。
1人だったら、1年持つじゃん!!!!!

一番気になる金額ですが、

120日分のものは 、 1錠 20円。

それに比べ

300日分のものは 、 1錠 14円。

1錠で6円も違う(30%OFF)。


ということは、300錠で1800円安く、賢く買えたということ。

すごいですね!!!


年会費が4,752円(税込)。


大家族の人であれば、すごくコスト削減できるかも?


さすが、コストコですね(笑)!




呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『 住まいの総合情報館 住まいナビ 
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/

【2017/03/19 23:37】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もう6年、まだ6年。
こんばんわ。やまもと住研のにいにいです。


朝、ジョギングをしていると、
日に日に、日の出の時間が早くなっていくのが
自分の目で確認することができ、春にむけて時が流れていることを
実感しているにいにいですが、みなさんはいかがお過ごしですか?

今の時期ですと、ちょうど午前6時ぐらいから
空が青くなりだし、すごくきれいです!


さて、本日のテーマは『 もう6年、まだ6年 』です。


今年も3月に入ってから、3.11東日本大震災の特集が増え、
あれからもう6年、まだ6年という声をよく聞くようになりました。

テレビやラジオで、色々な人が一生懸命活動している姿を拝見し、
改めて地震列島 日本に住んでいる事の意味を考えさせられます。


しかし、少し気になったことが……。


特集が、去年に比べて少ないのでは?


という、疑念。


考えてみると、

去年は 『 5年 』

今年は 『 6年 』


5年は節目を感じさせ、注目を集めますが、
6年は継続をイメージさせ、そこまでの注意が集まらない。


そんな気がしました。


そんな中、今年も、検索エンジン会社の大手、ヤフーさんが
3.11当日、「 3.11 」を検索して、応援しよう! というようなキャンペーンを
今年もされており、今年も出来る事で出来る事があればやってみよう!!
と思い、クリックしました。

にいにいのワンクリックで、10円が東日本大震災関連のことに寄付されるのであれば、
微々たる力ですが、今年も何かのお役に立てたるかもしれません。


今年、感心したことが、
ヤフーさんが今年も続けている、という事実です。

企業・営利団体なので、財務状況によって
できること、できないことなどありますが、
できるかぎり続けてほしい支援ですね。

にいにいの募金活動も、出来る限り続けていきますので、
みなさんもお願いします。


6年のジレンマ。


それを感じたにいにいは、改めて当時のことを思い出すため、
2011年(平成23年)3月11日当日の、古いブログを思い返してみることにしました。



↓   ↓   ↓   ↓   ↓



本日(平成23年3月11日)昼すぎ、車を運転しているとラジオから耳を疑う内容が飛び込んできた。

『 14:40頃、三陸沖でマグニチュード7.9の地震が発生しました 』

ここ最近、宮城県周辺の小学校で防災訓練のテレビ映像をみており、ついに来たか と脳裏を過った。

三陸沖では、大きな地震を過去に何回か経験しているはずであるが、今度はそうはいかない。


運転しながらラジオを更に聞いていると、 震度の訂正があり、推定マグニチュード8.8と、

過去に日本人が体験した事のないような数字が提示された。

更に連動して、茨城県沖でもマグニチュード7.4の地震が発生。

日本全土が、津波警報・注意報の渦中に……。 多くの被災地では、追いうちをかけてライフラインの停止…。

被災地に、にいにいの親友・知人がいるので連絡を取るが、電話はつながらず、メールの返答もなし。


未曽有の事態に、一個人では何もする術なし……。


仕事をかかえているので(今が一番の繁忙期)、現地に向かえないし、出来るのは募金しかできない…


広島県の各自治体も、受け入れ態勢の準備に取り掛かっている様子。

政府には自衛隊やレスキュー隊が、速やかに動けるよう体制をバックアップしてほしい。

また、各国に援助の招請を速やかに行う必要がある。


何か異様な胸騒ぎがする。


地震列島日本が直面する、最も深刻な事態が目の前で起きている……そんな気がしてならない。






地震列島日本に住んでいる全日本人が
全員で共有し、学んで、教訓にしなければいけない東日本大震災。

心に深く刻んで、忘れてはいけない。



呉市・江田島市・安芸地区の不動産は、やまもと住研にお任せください!!
本館『  住まいの総合情報館 住まいナビ 』
物件検索サイトはコチラ→http://www.yamamoto-re.jp/


【2017/03/11 21:12】 | 二井田 勝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ